前へ
次へ

iphone修理ショップの種類と選び方

iphone修理の依頼先は三種類に分けられます。
iphone純正のApple正規ショップに修理を依頼する方法だけでなく、それ以外のショップに依頼する方法もあります。
純正ショップ以外のショップにはiphone修理業者として総務省に届け出をしているショップと無届けのショップがあります。
Apple正規のショップに修理を依頼するメリットは、何と言っても安心感でしょう。
当然、純正の部品や正規の方法での修理となるため、修理後の保証が行き届いているうえ、修理できない場合は、下取りや買い替えも手続きが簡単です。
一方、デメリットはApple正規のショップの店舗数が少ないことが挙げられます。
一方、街中で多く見られるiphone修理店は価格、サービス、保証などは様々です。
口コミなどの評判などで店舗の様子を知っておく必要があるでしょう。
しかし、こうしたiphone修理ショップが多くあるのは、需要とメリットがあるのです。
それはショップの数が多いうえ修理が早く、安いことです。
一方デメリットとして、技術レベルや価格はショップによって異なります。
さらに、正規のサービスが受けられなくなることがあります。
正規ではないiphone修理店は、行政に届け出をしたところと、していないところがあります。
届け出はiphone修理店の能力を示すものではありませんが、ショップ自身の意識がどうかという目安にはなります。

Page Top